MVT-JAPAN

           
不可能を可能に
安心安全な未来をお届けするカメラ

MVT-JAPAN

           
不可能を可能に
安心安全な未来をお届けするカメラ

MVT-JAPAN

           
不可能を可能に
安心安全な未来をお届けするカメラ

Greeting

当社はCCDおよびCMOS sensor関連の応用技術を基に、主に監視カメラを開発しております。このたび、各種映像関連新製品の開発、生産、販売の新事業を、開発会社との協業にて構築いたしました。
特に監視カメラの分野におきまして、悪天候条件下における取り込み画像の劣化の補正に傾注し、特殊技術による鮮明化装置の開発、各種映像機器への搭載を実現いたしております。
これらの技術を通して、皆様が安心して生活できる社会の実現に貢献してまいります。

MVT-JAPAN
代表 程原 敏明
〒360-0018 埼玉県熊谷市中央2-115-1 グランドプレステージD館102号
TEL : 090-7715-2227
e-mail : hodohara-t@mvtlab.com

General

当社の現状における中心業務
1. 夜間時の長距離高精細画像を取り込み可能なlaser zoom cameraの開発、生産、販売業務
2. 霧、モヤ、Focusずれ、夜間時等における低照度時における画像の劣化を補正可能な画像鮮明化装置の事業化
3. 高速道路等における高速走行車のナンバープレートの読み取りを可能とするglobal shutter cameraの開発、生産、販売
4. IPカメラのvideo signalのAES256暗号化および復号化ボードの開発、生産、販売

Main Client

ストアネット株式会社
株式会社エスシー
テクノクリエート社
エー・ディー・ティー社
Indian association of japan

Laser Zoom camera

Laser Zoom camera は、レーザ光を利用して特に夜間などの悪環境下での 長距離・ 高分解能度化を実現する監視カメラです。 夜間・雨天時等の悪環境下において、長距離・高分解能化を同時に実現する監視システム技術の実用化です。レーザ光を利用したアクティブなイメージングシステム技術を用いて、安全性及び高秘匿性,また夜間における高い撮像性能や測距機能を有する、高い監視能力を持つシステムです。
一般的な夜間時のカメラでの長距離監視には、これまでは赤外線カメラが主流でした。しかしこの赤外線カメラでは、200m 程度の長距離監視が 限界です。よって、レーザー光にての1,000〜2,000mの長距離監視ができるLaser Zoom camera は、非常に大きな夜間監視能力をもたらすと言えます。

「不可能」を「可能」へ

夜間の2000m先の「見える」に成功。
さらに挑戦し続けるカメラ Laser Zoom camera

Specification

当方のlaser zoom cameraは「SNT-OD1010」と「SNT-OD1020」の2種類を有し、それはLaser 放射距離の到達距離の1,000mと2,000mの違いによるものです。

仕様書

******

global shutter camera

global shutter camera